2015/05/30

5/30/2015
1
 どうも当サイトの設定変更で、お見苦しい点を見られた方すいません。
 少々あるページのURLが、不余の操作で変わってしまい。修正を試みたことから始まりました。

Bloggerは投稿公開時にURL作成

 Bloggerの投稿記事のURLは、公開される際に作成され、下書きにした場合は再度公開される際に作成されるようです。
 ここまでは良いのですが、なんとスケジュール投稿した場合も、未来の日付を指定した場合は一旦下書きになるため、公開時にURLが作成されてしまいます。

パーマリンクを指定する機能があるが

 現在のBlogger投稿機能では、パーマリンクを指定する機能があります。
 右側のリンクをクリックすると以下の指定画面が表示され、指定すればOKです。

 ただ、この機能も万能ではなく、同じURLが他の投稿と被ったと判断した場合は、「_乱数」が追加された「指定文字」+「_乱数」+「.html」のURL担ってしまいます。

先日復旧したとの投稿があったのだが...

 この件、先日復旧したと投稿しておりましたが、その時は、パーマリンク指定機能ではなく、新たな投稿記事として、以前のURLとなる記事を投稿することで、復旧したいURLの記事を生成しておりました。
 それでも良かったのですが、Bloggerの機能として、記事の閲覧カウンタなるものがあり、新しく生成したページは以前からのページとは違うものですからカウンタは引き継がれるはずはありません。

 そこで欲を出してしまったのが、混乱の始まり。
 まず、復旧用に作成した投稿を下書きに移動し、本来復旧したいページにパーマリンク指定をしたところ、「2013/05/os.html」としたいところが「2013/05/os_2.html」などと、どうしても後ろに乱数が追加されてしまうのです。
 どうも、復旧用に作成したページで「2013/05/os.html」を使っていると解釈してしまい、後続の要求はすべて乱数賦与のものにしてしまうようです。

それなら復旧用ページを削除すれば?

&nbps;どうにかすることはないか?ということで、復旧用のページを下書きではなく削除してみることにしましたが、本来ページに再度パーマリンクを指定するが状況変わらず。
 ここで、再度復旧用ページの作成を試みたところ、なんと復旧用ページにも乱数が賦与されることに。
 「がーーーーん」です。ほんと、さっきまでは復旧用ページは生成したいURLで記事が作れていたのに、もう作れなくなってしまったわけです。

どうもURL生成ロジックはこうなっているのでは?

 ことを整理するると、以下のように処理しているようにおもわれます。

 1回目パーマリンク生成
 2回目パーマリンク生成、既設パーマリンクと重複していれば重複分と解釈※1、乱数賦与
 以降も同様の処理を実施

 上記の「※1」が重要で、これ、多分bloggerサイト毎に覚えてしまっているようで、忘れてくれないようです。
 したがって、一度でも重複してしまったパーマリンクには、その後乱数が賦与され続けると.... そうなると今までの動作は説明つくように思います。
 まあ、ロジック的には問題ないように思いますが、当方には不都合なものでした。

まとめ

 投稿のパーマリンクを指定する場合は、復旧用の新たなページを作成しないこと。
 対象のページは下書きに戻し、リンク→パーマリンクでパーマリンクを指定すること。
 その際に、重複する記事がないことを十分注意すること。(重複すると二度と乱数を外すことは出来ない。)

 ということのようです。bloggerは本当によく出来たシステムだと思いますが、思わぬところに穴があるものですね。

削除した投稿はしばらく残っているようです

 削除してしまった投稿を復活させる方法に記事がありましたが、投稿はpostIDで管理されており、削除された後もしばらく残るようです。
 はっきり削除されたらURL重複による不具合はなくなると思います。しばらく様子を見てみようと思います。

1 コメント:

  1. 検索から失礼します。現在、ほぼ同様の不具合が発生して困っています。
    投稿のバックアップ失効によってURL重複が解消されるであろうとのことですが、その後、この問題は解決に至ったのでしょうか?
    お教え頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

    返信削除