2017/02/18

2/18/2017

はじめに

 筆者は長年のemacs使いです。
 emacsはテキストエディタですが、多種多様なことができ、とても単純にテキストエディタの部類に入るのかはチョット分かりませんが、Windowsで使うにはそこそこ使いにくさがあり、色々と投稿していきたいと思います。

emacsからexcelファイルを開く意味

 emacsではdiredというWindowsのエクスプローラのように、フォルダツリーをたどる機能が内蔵されています。
 そんなのエクスプローラでいいじゃんという話もあるのですが、非常に高速に動作するので、一度使い慣れると早々手放したくありません。
 で、フォルダツリーをたどれるわけですから、とうぜん色々開いてみたいです。
 当然テキストファイルは見れます。画像ファイルも見れます。zipの中身も見れます。
 でも、excelファイルやwordファイルはそのままではバイナリーデータと認識されるため見れません。
 筆者にとっては非常に残念な内容でしたが、設定出来ることがわかりました。

emacsからexcel起動の設定

 Windowsのemacsでは、設定ファイルは%APPDATA%フォルダ以下の.emacs.d\init.elに設定します。
 以下のコードを、init.elに追加してください。
FileName %APPDATA%\.emacs.d\init.el
;; ファイルをWindowsの関連付けで開く
(add-hook 'dired-load-hook (function (lambda ()
    (define-key dired-mode-map "w" 'dired-open-file)
)))
(defun dired-open-file ()
  "In dired, open the file named on this line."
  (interactive)
  (let* ((file (dired-get-filename)))
    (message "WindowsOpening %s..." file)
      (call-process "cmd.exe" nil 0 nil "/c" "start" "" (convert-standard-filename file) )
    (message "WindowsOpening %s done" file)
   ))
 これだけで、dired上より、対象ファイルにカーソルをあわせ、「w」キーを押せばWindowsの機能にてファイルが開かれます。
 あ、ここまで書いてて思ったのですが、Excelやwordには読み込みのみ起動ができますので、そのモードでの起動も設定するといいかもしれませんね。

0 コメント:

コメントを投稿