2014/06/14

6/14/2014
 どうも公務員向けの人事給与ソフトを作っている経歴から、民間の比較g的安価な給与ソフトで計算はできるのかなぁという疑問。
 顧客から聞かれることもありますが、公務員の給与は給与六法ベースだが、民間給与は労基法に抵触しなければなんでも良いとの違いがあるので難しいですよ~と答えています。
 実際、扶養手当なんて給与六法ではきちんと決まっていますが、民間人でそんな手当出している企業なんてそうそうないと思いますし、出していてももっと簡単な制度だと思います。
 そうこう書き出すと一冊の本ができてしまうので、多くは語らず。

 で、本当のところはどうなのか?

 やってみますよー 弥生給与って売れていますよねぇ。

 これで公務員向けの給与がどれほどできるのか!!



 公務員の総務課の人必見です。

 では、さっそく評価版をダウンロード。

 近いうちにアップします。

 それでは、乞うご期待。

 PS:でも民間製品でできるとなると、うちの製品売れなくなるよねぇ。どうしよう。

0 コメント:

コメントを投稿